初級編

フランス語の仕組み②男性形と女性形の区別

フランス語を学ぶ上でとっても苦戦するのが男女の区別!

ん?この単語、un なの? une なの? le なの? la なの?
mon なの? ma なの?どっちなの〜?

ってなったことある方、いらっしゃいませんか?例えば私が

Nami
Nami
Je suis fatigué〜
疲れてるの〜

って言ったとする。でもこれは間違い。なぜ?

Mme Banane
Mme Banane
Namiは女性だから、Je suis fatiguée になるのよ!
Nami
Nami
じゃあ私が話す言葉は全部女性形になるってこと??
Mme Banane
Mme Banane
Nami、フランス語はそう簡単ではなくってよ!
Nami
Nami
何か見分ける方法はないのか〜!

ということで、前回ご紹介した本の内容と、私が今まで他の教材を通して学んだ知識をここで出来るだけまとめたいと思います。参考にしてみてくださいね!

▼参考文献 (今回の内容はP53〜55)▼

フランス語のしくみ《新版》【電子書籍】[ 佐藤康 ]

価格:1,232円
(2020/10/4 18:41時点)

mon と ma (私の)

mon père 私の父
mon mari 私の夫

ma mère 私の母
ma femme 私の妻

Nami
Nami
これは、「父」や「夫」は男性だから男性形の mon になって、「母」や「妻」は女性だから、女性形の ma になるってことだよね?
Mme Banane
Mme Banane
そうよ。ではここでクイズ。

 

1. 私の兄弟(frère)

mon frère

2. 私の姉妹(sœur)

ma sœur

 

Nami
Nami
これは正解できたよ、兄弟は男性で、姉妹は女性だからね!ここまでは make sense だよね!
M. Banane
M. Banane
そうだね。ただ、ここで気をつけてなければいけないことがあるよ。この男女の区別は、話し手が男なのか女なのかは関係ないってこと。Namiにとっても私にとっても誰にとっても、mon pèreだし、ma mèreだね!

じゃあ、 次の問題を son/sa(彼の・彼女の)を使って解いてみよう。

 

1. 彼(彼女)の父

son père

2. 彼(彼女)の母

sa mère

 

Nami
Nami
これは、「彼の父=son père」「彼の母=son mère」「彼女の父=sa père」「彼女の母=sa mère」でしょ?簡単かんた…
Mme Banane
Mme Banane
違うわよ。解答をご覧になって。
Nami
Nami
え、ウソ。【彼の母】なのに son mère じゃないの?【彼女の父】なのに sa père じゃないの?なんで?
M. Banane
M. Banane
さっきも説明した通り、この男女の区別は、話し手が男なのか女なのかは関係ないってこと。Namiにとっても私にとっても誰にとっても…?
Nami
Nami
mon père だし、ma mère …。なるほど…。英語は her mother とか his mother になるのよね。だから、混ざっちゃったみたい。
M. Banane
M. Banane
更にもう1つ。「 votre あなたの」は votre père だし、votre mère で、形が変わらないんだ。ここが、フランス語の面白いところ。バナナナナッ!
Mme Banane
Mme Banane
ちなみに monsieur、madame、mademoiselle なんて、もう既に単語に「私の」という意味が込められていて、敬意を表しているのよ。 

物にも男と女の区別

Nami
Nami
今の説明で、話し手に関係なく、その人が男性なのか女性なのかで mon/ma を使い分けることはわかったよ。でも、例えば人じゃなくて物だったら、それが男性か女性ってわからないと思うんだけど…どうなるの?
Mme Banane
Mme Banane
そうね、じゃあいくつか例文を見ていきましょう。

mon livre 私の本
mon chapeau 私の帽子

ma maison 私の家
ma voiture 私の車

Nami
Nami
え…単語ごとに男性と女性があるってこと?ってことは、これ1つ1つ覚えなきゃいけないの?!
Mme Banane
Mme Banane
そうなの…これらの単語がなぜ男性か女性なのかってことはわからないのよ。だから覚えるしかないわ。でも、少し法則があるから、それを紹介するわね!

男性の可能性が高い単語

語尾が -ème -isme -asme -acle – ège -age -ment で終わる、もしくは、木々、日、月、季節、測り、メタル、化学品、言語、外来語(英語)は男性形の場合が多い。

例:problème / privilège / tourisme / formage / enthousiasme / spectacle

女性の可能性が高い単語

語尾が -son -ion -té -eur -ise -ance -ence -ense -ière -oire で終わる、もしくは、科学や規定は女性形の場合が多い。

例:boisson / affirmation / couleur / cerise / distance / expérience / défense / poire / grammaire / chimie

母音の前は女性形でも…?

M. Banane
M. Banane
ではここで質問。【私の住所(adresse)】はどっちになるかな?ちなみに adresse は女性の単語だよ。
Nami
Nami
それなら、 ma adresse!
M. Banane
M. Banane
そう思うよね。でも実は違うんだ。本来は ma をつけるところだが、adresse は何から始まってる単語かな?
Nami
Nami
母音の a から始まってる!そっか、ma を置くと、ダブル母音になっちゃう!
M. Banane
M. Banane
その通り。フランス語は母音が繋がることが大嫌いな言葉。だから、母音で始まってる場合はそれが女性形でも、mon をつけるという決まりがあるんだよ。フランス語は深いねぇ〜
Mme Banane
Mme Banane
Blog Rankingに参加しておりますの。

ランキングに参加しています。
この記事がいいなと思ったら、押していただけると励みになります。
更新が早くなるかも(笑)

\ Please press /

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ


ブログに登場しているキャラクターは

アメリカのディズニーで働いていた時の
同期メンバーだった
大切な仲間が手掛けた作品。

Designed by mllemarshmallow

\ LINEスタンプや可愛いグッズも /